琵琶湖バス釣りポイント近江

琵琶湖 近江エリアの特徴

近江八幡市中心のバス釣りポイント.流量の多い大きな河川が何本かあり、水質が悪くなる時期も安定した釣果が期待できるエリア.

近江 バス釣りポイント

野洲川河口 ◆ポイント
南のテトラ帯はシャローエリアとなっている.夏場はウィードも厚くなりすぎて釣りが限定される.ただ、魚はストックされているのでウィードスポットなどがあれば打ってみる価値は十分ある.河口南は足場もよく初心者向きとなっている.どちらかと言うと数釣りを楽しむポイント.
吉川漁港 ◆ポイント
越冬ポイントとして有名.ミオ筋もくっきりしているので狙いやすい.年間を通して大外れのないポイント.まさにおかっぱりポイント.
鮎家前 ◆ポイント
超有名なポイント.フラットなエリアだが良質なウィードが育つ.春スポーニング、秋アユ祭り、どちらも楽しめるポイント.
吉川公園 ◆ポイント
完全にシャローの釣りになる.シャローがアタリの日は立ち寄ってみるといいかも.風の影響か?砂浜がのこぎり型の地形となっている。一定の間隔で岬状になった位置から狙うといい.朝夕はワンド内にベイトを追って入ってくる.
家棟川 ◆ポイント
コイ釣り師がいなければ少し試してみるのも面白い.誰も打っていなければ・・・
日野川 ◆ポイント
腰を据えるポイントではない、立ち寄りポイント.足場もあまりよくないので気をつけること.河口の両サイドに石積みの張り出しがある.東側は超シャローエリアとなっている.夜明けと同時に触ると面白い.田植え時期は農薬と濁りがキツくなるのでパスしたほうがいいか.
岡山公園 ◆ポイント
公園前の湖岸一帯は釣り禁止になっている.ポイントは白鳥川河口周辺.駐車場前の砂浜藤ヶ崎竜神神社前あたりが狙い目のポイントとなっている.
長命寺 ◆ポイント
数年前は釣り禁止の看板はなかったのだが要確認.大型観光船が入るため水深のある港で縦系の釣りが成立するポイント.昼間の釣れない時間帯はせっかくなので寺の鬼階段を経験してほしい。マップでも確認できるよに本命は河口ポイントなる.長命寺から堀北まではロック帯となっており、狙いどころが多いのだが岸からのアプローチが難しい.ロック帯に上がる、下がる、移動する魚を岸から狙えるのはここ長命寺か堀北のどちらかになる.

春先は河口から上流付近、季節が進むにつれて河口本湖側に狙いを移していくといい.このあたりスポーニングは遅めなので6月いっぱい狙える.
掘北漁港 ◆ポイント
南側の砂利エリアが本命となる.水質はいたってクリアー.ベイトが確認できたらランガンしながらしっかり丁寧に打っていこう.漁港は船の往来が多いので暗い時間帯のほうがいいか・・・漁港がダメなら駐車場がある桟橋周辺をチェック.
奥伊崎不動 ◆ポイント
シークレットポイント.琵琶湖では珍しく岩盤系の釣りでむしろ海釣りに近い感覚.根掛かりが多いがそれなりの魚が釣れる.ワームは横に動かすのではなく、縦方向に動かして根掛りを回避しながら釣るといい.
栗見神田公園 ◆ポイント
駐車場があり、大同川河口を狙うのに最適なポイント.愛知川の釣果情報がでていればこのポイントも釣れる.砂浜は変化がないので狙い所が難しいが、その分打たれていない.沖の変化のあるマイポイントを探そう.
水車橋 ◆ポイント
とにかく足元をチェックしてほしい.いろんな障害物(おそらくゴミ)が確認できるはずなので居着きのバスを狙おう.
なかのこはし ◆ポイント
見える上流の水門が開くか閉まっているかで大きな影響がでる.橋の下の橋脚周りなどは要チェック.あまりやってる人がいないせいか意外と釣れる.面倒だが、万が一に備えてタモがあったほうがいい.
大同川 ◆ポイント
スポーニング時期に上流にある伊庭内湖に出入りする魚を狙うことがセオリー.朝夕のまづめの時間帯を少し外すといい結果がでるイメージがある.食わせはでなく、スポーニングを意識した固体を狙う釣りがいいか.威嚇の釣りは波動の強いルアーがお勧め.
伊庭内湖 ◆ポイント
東のハニースポット・・・スポーニングメインの釣りになる.GWあたりからが勝負の時期になる.リアクションや威嚇系の釣りが有効.
新在家漁港 ◆ポイント
堤防の外側がポイントとなる.どちらか言うと回遊系の待ち伏せポイント.回遊のタイミングに合えばオイシイ思いも.漁港から南側は杭が並んでおり、釣れそうな雰囲気がある.ルアーのロスト覚悟で攻めてもそれほどいい結果がでたことがない.朝一、誰も触っていなさそうな時だけでいいだろう.それよりか遠投して沖にあるウィードを狙ったほうがいい.
愛知川河口 ◆ポイント
春、秋はもちろん、夏の渋い時期も可能性があるポイント.河川内部はポイントが絞りにくい.河口南側は霞ヶ浦のような雰囲気.遠投すれば河口周りにできるウィードの切れ目に届く.
河口北側の石積みがある岸際は砂と砂利のエリアとなっている.沖にウィードが張っており境目が狙い目となる.河口先端付近は遠浅となっているので朝、夕まづめの時間帯しか釣れない.